格安航空券で快適な国内旅行を楽しむならエア・ドゥしかない!

安すぎて受け入れられない

安すぎて受け入れられない | 大手と変わらない乗り心地 | 北海道の会社だから誇らしい

エア・ドゥが設立された約20年前、私は小学生でした。
「北海道に飛行機の会社ができたよ!」と周りの大人に言われても、日本の多くの大手企業が本社を東京においているという事実すらままならない小学生の私は「ふ〜ん」という感じで特に気にもとめていませんでした。
大好きな東京ディズニーランドへの毎年の旅行や祖父母宅に遊びに行くために、新千歳-羽田便を中心に年に数回は国内線を利用していた我が家でしたが、エア・ドゥ設立後も、搭乗する飛行機はこれまでずっと利用してきた大手の航空会社でした。

理由は簡単で、「安全だから」。
今では当たり前になった「格安航空券」ですが、当時は全く馴染みがありませんでした。
高いものにはそれなりの理由があって高いのであり、安いということは何かまずいところがあるに違いない。
私の両親は、もしかするとそんな気持ちだったのかもしれません。
もしくは、その価値があると思ってそれまで高いお金を払っていたものが、変わらない品質で安く手にできるということが受け入れがたかったのかもしれません。