初めてのカードローンは大手で

困った時に簡単に利用できる個人向け融資商品ですが、
うっかり借り過ぎてしまうと返済が難しくなります。
実際にサラリーローンで返済が滞り、破産する事例が後を絶たず、
そのことが社会問題になったこともありました。
それを受け、貸金業者の貸金業務の適正化を目的として
貸金業法が改訂され続け、2010年6月の大幅改訂では、
個人の借入額が年収の3分の1までに制限され、
出資法による上限金利は20%までとなりました。

利用者にとってはありがたい貸金業法の改正は
貸金業者にとっては死活問題で、多くの業者が廃業を余儀なくされる中で、
多額の融資や高金利での融資などの不正な貸金を行い、
収益を上げる業者も少なからず存在します。

初めてカードローンを利用するなら安心できる大手で

初めてカードローンを利用する場合には、不正な条件で
融資を行う業者を利用しないよう注意しなければなりません。
不正な業者は何とかして利用者を確保したいわけですから、
様々な甘い文句で利用者をおびき寄せようとします。
「審査なしですぐ融資」などの文句は、切羽詰まった人にとっては
非常に魅力的な言葉ですが、審査なしで融資することはあり得ません。
このような甘い言葉には十分に注意しなければなりません。

悪徳かどうかわからない場合が多いので、知っている業者を利用するのが無難

個人向け融資を受ける際、不正な業者を避けるにはどうすれば良いのでしょうか。
初めてカードローン大手という言葉を聞いたことがある人は多いでしょうが、
これは初めてカードローン大手が望ましいということです。
大手の業者は信頼が全てですから、法律に違反した不正な業務を
行うことはまずありません。
まだカードローンを使ったことがない方は、
初めてカードローン大手ということを忘れないようにしましょう。
そして、初めてカードローン大手で借りる場合にも、
借り過ぎには十分に注意することが重要です。

カードローンについて

コラム